こんばんは、 憲法大好き!Saekiです。


今日は日本憲法が公布された文化の日ということで文化人アピールしてみました。


ここ最近、ココスの本のコードを写し続けていたのですがそろそろ嫌気がさしてきたので連休を利用してcocoStudioをいじってみました。

cocoStudioっていうのはcocosBuilderのWindows版みたいなやつです。
cocosBuilderっていうのはcocos2d-xでゲームを作るときに便利なやつです。


使ってみた感想としては、楽しいです。
思ったところにドラッグアンドドロップでボタンが置けますし、ボーンを使えたりキーフレームアニメーションが作れたりします
やっぱ見たまま感覚的に動かせるのっていいですね。


しかしcocostudio自体の使い方はまあ見たままなんで簡単楽しいなんですがそこで作ったファイルをプログラム内でどう使うのかわからなすぎます。
公式のHowtoがざっくり過ぎてびっくりしました。
 
表示するにはこうだよみたいなことは書いてあるんですが表示した任意のボタンにリスナーを付けるにはどうするとか全く触れてないのでうわーって感じです。うわー。


とりあえずこの三日間の本気でできるようになったことを誰かに言いたいのでいいます。
UI editer
・表示する
・任意のボタンにリスナーをつける
・任意のアニメーションを実行する

animation editer
・表示する
・任意のアニメーションを実行・停止する


どうですか。文字として並べるとへぼいですね。
でも必要なものは結構集めたと思うんですよ。

ただ今日一日使ってもanimation editerで作った当たり判定の使い方がわかんないんです。
animation editer内でわざわざ衝突範囲の設定ができるようになってるので簡単に使えるはずなんですが全然情報がなくて困ってます。
やっぱゲーム作るなら当たり判定って結構大切なんでどうにかしたいんですけどねー

もしcocoStudio使ってる方とかいましたらぜひ教えていただきたいです。なんかもう僕の知識じゃ無理そうなんで。 (土下寝)


当たり判定が使えるようになるかそこに関してはあきらめるかしたらcocoStudioを使ったゲーム開発を始めつつ使い方の解説も始めたいと思います。いつになることかちょっとわかんないですが。


はあーもっと詳しいhowto書いてくれないですかねー…

ということでちょっとした愚痴に付き合っていただきましてありがとうございました。おやすみなさい。

↓よろしければ励ましのくりっくを… 
 

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村