自分

Unity GuiTextureとGuiTextの位置調整(其の壱) と私の改名


どうもこんにちは
三度の飯よりヒップホップ、Saekiです。 

今日は開発者らしく技術関係のお話をしようということでUnityのGUIの話をしようと思います。
位置の調整がいまいち良く分かってなかったのが最近やっとしっくり来たので備忘録です。


あと私の改名ってあるんですがまあこれは言葉の通りで開発者名を変えようかなと。
で、どう変えるかって言いますと

SaekiからSaikiに変えます(ドーン)
 
マイナーチェンジも良いところですね。
なんで変えるかって言うと知り合いに同じ名前の人がいたからです。
ちょっとややこしいのでは?と思っただけですね。
非常に浅い理由による浅い変更ですが今後ともよろしくお願いいたします。


ということで今日から
三度の飯よりヒップホップ、Saikiです。yorosiku!



はい、それでは本題 
まずGuiTextureとGuiTextとはなんぞって話なんですが、簡単に言うと画像貼るやつと文字貼るやつです。
GameObject -> CreateOther から作れます。

先にtextの方の解説からです。

GameobjectとPositionの扱いが違うはなし


GuiTextはただ作るだけで真ん中に白い文字でまさにGuiTextって感じのものが表示されます。
因にSceneウィンドウには表示されませんのでご注意。Gameウィンドウには表示されます。

こんな感じ
43

ちょっとだけ右に寄ってましたね。

で、この位置を調整しようとゲームオブジェクトと同じ感覚でPositionを変えてみるとそれはもうすごい勢いで動くんですよ。

はや!え!?お前どこに!?はや!!みたいな。

それじゃ困るのでどうすれば良いのかってことです。
この半年くらいそのわけの分からないままで使ってたんですけどね(虚空を見つめながら)。
まあきっと誰もがわけ分かんないで使ってるはずです。そうじゃないとこの記事の需要がありません…から…ね?

さて、こちらがGuiTextのステータス(初期値)
14


色々ありますがとりあえず注目すべきはPositionです。
値は
0.5 , 0.5 , 0
表示される文字は大体真ん中…
その二つの事実から導きだされるたった一つの真実はこれだぁ!

Positionは0が最小1が最大!!!(ズガシャーン!!)

…もちろん推理で導きだしたわけでなく公式のページに書いてあります。
もう少し詳しく言うと、
スクリーンの一番左下が0,0,0で一番右上が1,1,0ってことです。

やってみるのが早いですね。

(検証のためにAncorをupperleftからmiddlecenterに変えました。実際にやってみる人はそこにご注意)

こちら 0,0,0
17
左下で見切れている

つぎが1,1,0
44
右上で見切れている

いやー見切れてますね、シャイなんですかね。


とりあえず左下なら0,0,0右上なら1,1,0にすれば良さそうですね。
ただこれだと見切れてて困りますよね。

この微妙な位置には先ほどちらっとでてきたAnchorなる値が関係してます。
このAnchor、いい説明がちょっと思いつかないんですけど…テキストの起点…?の位置…みたいな?
ね?

つまるところ文字のどこをPositionに合わせるかってことです。
これも実際にやってみましょう。
Positionを 0.5 , 0.5 , 0  にしてAnchorを middlecenter(真ん中) にしてみます。
あと分かりやすいようにgameウィンドウを最小にしました。
こうなります。

22

これだとPositionが真ん中でAnchorもmiddle center(真ん中)で文字の真ん中が真ん中になるので真ん中になります。

\  真ん中真ん中うるせえよ!!(怒)/


ではAnchorをupper left(左上)に変更してみましょう。
28

Positionが真ん中でAnchorはupper left(左上)なので文字の一番左上が真ん中になり文字は右下によります。

\ 左上なのか右下なのかはっきりしろや!!(怒) /

という感じです。
\ / 間は文字をうっている最中の私の脳内ボイスです。 今日はただただうるさいタイプですね。

その他middle leftとかlower rightとかありますが使い方は同じです。意味は英語そのまま。

うーん、わかり辛いですかね。
どうでしょうか。

とりあえず
Positionは0,0,0が左下で1,1,0が右上ってのが言いたいことです。

なんならこの一行だけで事足りますね。よくもまあここまでのばしたもんです。
あまりにも長くなってしまったので一回ここで区切りとさせていただきます。
ほかのパラメーターとtextureについてはおいおい書きますね。多分。


ということでguitextのPositionは0,0,0が左下で1,1,0が右上で、私Saikiは別にヒップホップ好きじゃないよって言う話でした。

長々とおつきあいありがとうございました。
またきてくださ〜い。


気が向いたらクリックをしていただけるとアゲアゲ↑↓ 

androidアプリを開発してお金を稼ぎたいっていう話



Hello! world!!


…はい、ということでどうもはじめまして、最近androidアプリの開発を始めました個人開発者兼学生のSaeki(仮)と申します。初めてのブログということでとりあえずプログラマーっぽいスタートをしてみました。


ブログってなに書くの?ってなったのでぐぐったところまずは自己紹介ってことなので自己紹介をしますね。


名前:Saeki(仮)
性別:男
年の頃:21
職業:学生(情報系の学部)
好きな食べ物:寿司
好きなアルファベット:I
好きな言語:java
好きなショートカットキー:Ctrl+z


こんな感じです。後半とかどうでもいいですね。
あとはお金とか睡眠とかも好きです。どうでもいいですね。
あと、名前のところに(仮)ってあるのは今適当に付けた名前ゆえなので(仮)は発音しません。どうでもいいですね。
まあとりあえずしがない学生だということさえ伝われば大丈夫です。


なぜこのブログを作ったか


冒頭にも言いましたが最近androidアプリを作り始めたんですよ。というか作ったんです。
なのでこのブログを通してアプリの宣伝をしてダウンロード数を伸ばしたいという汚い気持ちと、他の個人アプリ開発者様方とお知り合いになってアプリ開発の話とか情報交換だとかできたらいいなって言う純粋な気持ちからこのブログの製作にいたりました。


まあ宣伝効果があるのかも個人開発者さんのお目に留まるかもまったく分かりませんがお金もかからないので(重要)とりあえずはじめました。よろしくお願いしますっ
コメントとかいただいたひには狂喜乱舞する予定ではいますのでお気軽にぜひぜひ。


そしてこのブログの題名『androidアプリで家を買う人のブログ』ですが、私家、買っておりません。

Saeki(仮)、家買ってねえってよ。

大事なことなので2回言いました。まあ「買った」ではなく「買う」となっているのはそのためですね。分かりやすく言うと
『androidアプリで家を買うほどの収入を得たいのでブログで自作アプリの知名度をあげようとしている人のブログ』
です。そんなブログでもよければぜひお付き合いください。ほんと暇なときだけでいいんで。トイレで、とか、はなほじりながら、とかでもいいんで。


えーずいぶんと長くなってしまいましたが初回記事はこんなところで終わろうと思います。
次回からはjavaのことだとかandroidアプリ開発のことだとかそれによる収入のことだとか気になった関係のないこととかを語っていきたいと思います。適当に。たぶんもっと短めに。


あ、というか最初は自分のアプリの宣伝にしますかね?そうしますか?気が早いですか?
まあ書くときに決めましょう。


では失礼します。ここまで読んでいただきありがとうございました!!





 
ランキング
twitterアカウント作りました。このブログ以外のつてがないので完全に過疎状態です。助けてください(土下座)
  • ライブドアブログ